防災加工


 お客様のニーズに応え、小ロットからの注文に対応しています。特に防炎加工は2012年から国際・国内の基準変更に合せた新加工剤を開発から携わり、安心安全な加工に対応しています。

明治44年、創業時から繊維の街の足利市で捺染加工から現在の染色防炎加工まで染色一筋で技術研鑽に励んでおります。
 有限会社初山染工は、他社にはできない本物の防炎加工を施します。防炎のための薬剤の調合と、定着させるための独自の工程が、初山染工の自慢です。防炎加工は通常は機能性加工と呼ばれます。繊維の表面に絵の具を塗るような加工が多いのですが、初山染工の加工は染色と全く同じ加工です。
 繊維の性質に合せて色染と同じ方法で繊維の内部から薬剤の定着をさせますからカーテンが破れるまで防炎性能は損なわれません。また、人体に悪い影響を及ぼす加工漏れ薬剤や匂いが残っていることはありません。